運営会社

葬儀の知識

法事や法要はなんのために行うもの?必要な準備と当日の流れ

法事

大切な方が亡くなったら、葬儀のあとにも「法事」という形で故人の冥福を祈る機会が訪れます。ところで、法事と似た「法要」という言葉もありますが、これらの違いはなんなのでしょうか。


今回は法事と法要の違いと、実施するタイミングを解説します。法事を行うために必要な準備と当日の流れもまとめました。


【目次】

  1. 法事と法要の違いとは?
  2. 法要の種類と行うタイミングについて
  3. 法事の準備と当日の流れ
  4. 法事に参加するときの服装と注意点

法事と法要の違いとは?

まず法要とは、故人の冥福を祈り、供養のため僧侶を招いて読経してもらう儀式をさします。法事は、法要とその後の会食も含めていう場合の呼び方です。


仏教における法要は、故人が現世を去り、極楽浄土で生まれ変わるために必要な行事とされています。
なお、浄土真宗における法要は少し意味が異なり、故人を偲びつつ、遺族が仏教の教えを聞く行事として執り行われるものです。


法要の種類と行うタイミングについて

法要は、忌日法要と年忌法要の2種類に分かれます。


忌日法要とは、故人の命日から経過した日数に応じて行われる法要で、行うタイミングは以下のとおりです。
・初七日
・二七日
・三七日
・四七日
・五七日
・六七日
・四十九日
・百箇日


現代において初七日はお葬式の日に合わせて行われることも多くなっており、これを「繰り上げ初七日法要」と呼びます。なお、親族や故人の友人知人を集めて行われる法要は、初七日、四十九日のみであることが一般的です。


年忌法要は、故人が亡くなってからの年数の区切りに応じて行う法要をさします。年忌法要の数え方には注意点があり、一周忌は故人の死から1年後の命日に行いますが、以降は亡くなってからの年数に1を足した数(数え年)で表記されることを覚えておきましょう。


年忌法要を行うタイミングは以下のとおりです。
・一周忌
・三回忌
・七回忌
・十三回忌
・十七回忌
・二十三回忌
・二十七回忌
・三十三回忌


参列者を招いて行われる法要は、原則として一周忌、三回忌まで。七回忌以降は遺族のみの少人数で執り行います。三十三回忌以降も年忌法要は続きますが、三十三回忌を最終するのが一般的です。

法事の準備と当日の流れ

法要の準備は2ヵ月ほど前から始めましょう。まず、準備の手順は以下のとおりです。ここでは準備の手順と、当日の流れをまとめました。


【準備の手順】
■2ヵ月前~
1.日程の検討・決定
命日が平日の場合、参列者の都合を考慮し、前後の土日に実施しても問題ありません。


2.僧侶への連絡
法要の日程を伝え、読経の依頼をします。


3.参列者の検討
親族や、故人の友人知人など法要に参列してほしい人をリストアップし、案内状を送る準備を進めましょう。


4.会場の検討・決定
自宅や寺院、ホテルなど、法要を行う会場を決め、法要を執り行いたい旨を伝えつつ予約をします。


■1ヵ月前~
1.案内状の送付
法要へ参列してほしい方々へ案内状を送付します。親族のみで行う場合は電話での連絡でも構いません。返事の確認後、確定した人数を会場へ伝えましょう。


2.引き出物の手配
参列者からいただくお供えへのお返し品を手配します。予算は2~5千円が目安で、かさばらないカタログギフトなどが親切です。


3.卒塔婆の手配
一周忌や三回忌は、お墓に卒塔婆を立てるタイミングでもあります。立てる場合は寺院に連絡をして手配しておきましょう。


■前日
僧侶へお渡しするお布施、お供え物やお花、遺影や、参列者に渡す引き出物など、必要なものがすべてそろっているか確認しておきます。


【当日の流れ】

・参列者のお迎えと席へのご案内

・到着した僧侶のお迎え

・読経

・焼香

・僧侶による法話を聞く

・会食

・参列者に引き出物を渡して解散

法事に参加するときの服装と注意点

四十九日までの法事では、親族は正喪服を着ます。以降、三回忌までの法事では、以下のとおりに準喪服を着るのがマナーです。


・男性:光沢のない黒いスーツに、白いワイシャツを合わせましょう。ネクタイや靴下、ベルトなどの小物もすべて黒で統一します。


・女性:黒のフォーマルスーツかワンピースを着用し、ストッキングは薄手の黒で、パンプスとバッグも黒いものを身につけるのがマナーです。
メイクはナチュラルにし、マニキュアやネイルアートは落としましょう。


・子ども:あれば制服を着用し、なければ落ち着いた色合いの服装を選びます。


法事に参列する立場の場合、遺族から「平服でお越しください」と言われても、普段着という意味ではないので要注意です。
「喪服でなくてもよい」という意味だと理解し、男性ならダークカラーのスーツを、女性も同様にダークカラーのスーツやワンピースを着用しましょう。


法要や法事は、故人の冥福を祈る大切な行事です。法要会場をお探しなら、加納会館へのお問い合わせもご検討ください。
当社は家族葬から一般葬まで、さまざまなお葬式のお手伝いをしている葬儀社です。豊中市、池田市、箕面市で葬儀社をお探しなら、当社までお問い合わせくださいませ。

おすすめ記事

0120-096オクロー-940クヨー

電話受付:24時間対応・携帯電話利用可能

加納会館パンフレット

無料資料請求はこちら 「お葬式・葬儀の手引き」プレゼント

WEBカンタン入会で
お葬式費用最大15%OFF
最大15%OFF
WEBカンタン入会割引
お急ぎの方 加納会館パンフレット 資料請求 通話料無料